ストレスで引き起こされる心筋梗塞などの病気を治療しよう

症状を知る

ストレス性胃腸炎の症状等について

 ストレス性胃腸炎とは、その名の通りに胃腸に起きる疾患の一種です。ただ、この疾患は胃カメラ等で検査をしても、異常が見つかないという特徴があります。患者本人は異常を訴えるのに、これと言っても目に見える異常がないのです。  これはストレス性胃腸炎の原因がストレスだからです。日々のストレスが積み重なる事で、正常な胃腸に症状が現われてしまうのです。  ストレス性胃腸炎の代表的な症状としては、胃痛や吐き気等があります。それ以外にも、人によっては頭痛等を併発する場合もあります。  また、この疾患の症状の一つの特徴として、仕事が休みになる週末等に症状が和らぐというものがあります。これはストレスの原因が、主に仕事にある場合に出やすい特徴です。仕事から解放される事でストレスが減少して、症状が和らぐのです。

具体的な治療方法等について

 ストレス性胃腸炎の治療方法としては、大きく2種類に分類する事が出来ます。まず一つ目は、現在起きている症状を改善するというものです。この治療には薬物が使われるのが一般的です。胃の活動を活発にさせる薬や、胃酸の分泌を抑制する薬等が用いられます。  ただ、上記の治療はあくまでも症状を改善するだけなので、根本的な治療にはならないです。そこで二つ目の治療として、ストレス性胃腸炎を根本的に治すための治療が行なわれます。  具体的にはストレスに対処する術を身に付けたり、ストレスの原因そのものを排除する等の治療があります。また、自分なりのストレス解消方法を見付ける事も大切です。  こうした事からストレス性胃腸炎を根本的に治すには、病院で治療を受けるのが理想的です。ただ、病院での治療となると、気になってくるのが治療費の問題です。しかし、これは人によって治療期間等が違うので、一概に言うのはなかなか難しいものがあります。ちなみに、症状が深刻になると入院の可能性も出てくるので、そうなると万単位の金額になる事もあります。