ストレスで引き起こされる心筋梗塞などの病気を治療しよう

免疫の治療

治療費の傾向について

免疫治療とはがん患者の血液を採取し、その血液から免疫細胞を取り出して活性化してから身体に戻すと言う方法です。 これは第4のがん治療と呼ばれており、自分の免疫細胞を使うため副作用がない方法と言われているのです。 しかしこの免疫治療は自由診療となるため高額な費用がかかってしまうのです。 1回あたり20万から30万と高額でこれを5回ほど繰り返す必要があるのです。 そうなると価格の傾向としては100万以上かかるのでかなり高額と言えるのです。 この金額にさらに初診療や検査料などかかってくるのでワンクールの治療で200万は必要になると考えられます。 しかし確定申告をすれば医療控除によって税金の還付を受け取ることができる場合があります。

免疫治療の歴史について

免疫療法は1970年代に免疫力を高める薬が開発されたのが始まりと言われています。この当時は免疫システムを全体的に強化すると言う使われ方をしていたのです。 80年代になって免疫療法もさらに進化し、他の免疫細胞の活性化や増殖を促す効果が発見されたのです。 そして現代の免疫療法は元患者から血液を採取し、培養や活性化することによって数を増やしたり強化し、体内に戻すと言う方法が利用されています。 この免疫治療は免疫力を強化することによって顔を抑制させる治療法です。そのため副作用が少なく体に優しい治療法としてとても注目されているのです。免疫治療は他の治療法と一緒に行うことによって相乗効果が期待されているのです。